会社案内 製品紹介 小豆島醤油について 料理レシピ 通販のお知らせ
小豆島醤油について
HOME >> 小豆島醤油について
小豆島醤油について
小豆島醤油の歴史
 小豆島醤油の歴史は古く、その起源は、約400年前の文禄年間( 1592 〜 1595 )にまで遡るといわれています。大阪城築城の石材を切り出すために、小豆島へ来島した採石部隊が、紀州湯浅の醤油を調味料として携帯し、持ち込みました。その後、興味を持った島民が、その製造を湯浅に学び、島に持ち帰って製造が始まったと言われています。

 当時、海に囲まれた小豆島では、中世以前から製塩業が盛んで、元禄から寛政時代の約 100 年間は最盛期を迎えていました。しかし、江戸時代後期より、瀬戸内各地で塩の生産過剰に悩まされ、徐々に衰退期に入ります。そうした中、豊富に採れる良質な塩、醤油づくりに欠かせない麹の発酵に適した小豆島の温暖な気候、さらに海上交通も発達していたため肥前・肥後等の北九州からの大豆や小麦の原料が容易に運送できるといった、いくつもの好条件が醤油産業の発展に結びつきました。

 また、大阪などの大消費地への海運にも恵まれていたことも、ますます小豆島醤油の発展に拍車をかけ、「島醤油」と呼ばれる特産品となりました。

醤油に関して、もっと詳しく知りたい方は、『しょうゆ情報センター』へ。HPはこちら →しょうゆ情報センター

▲このページのTOPへ
Copyright(c) タケサン株式会社 All Rights Reserved.
お問い合わせ タケサン株式会社