会社案内 製品紹介 小豆島醤油について 料理レシピ 通販のお知らせ
会社案内
HOME >> 会社紹介
会社紹介
社長のご挨拶 | 会社紹介 | 会社概要 | 交通のご案内 | 工場見学のご案内
経営理念

タケサングループの全従業員は、食生活を豊かに、そして楽しくする基礎調味料と個性豊かなオリジナル食品の開発・提案を通じて、これからの日本の食文化の活性化に寄与する企業集団を目指し、社会・経済・文化の発展向上に貢献していきます。

タケサンの生い立ち
「タケサン株式会社」は、昭和41年、小豆島安田地区に誕生いたしました。創業者は、小豆島の醤油産業の発展に大きく貢献した武部吉次(たけべよしじ)。小豆島の醤油産業が大きく成長していくなかで、武部吉次は昭和の初めに地元の学校を卒業してすぐ、当時の舟山醤油株式会社に入社して醤油の製造に携わりました。昭和36年まで戦後の醤油統制時代を経るなど多くの辛苦をなめながら、舟山醤油株式会社の専務として小豆島醤油業界の発展に貢献。その後、一旦醤油の製造から離れましたが、小豆島醤油協同組合理事長の経験をもつことなどから地元の醤油製造業者から求められ、昭和41年(1966年)に醤油会社(「関西醤油株式会社」)を設立しました。後に「タケサン株式会社」と名称を変更し、こだわり醤油の生産を中心に現在も発展を続けています。 タケサン株式会社外観
タケサンで作られている商品

タケサンで製造される商品は、大きく分けて、小豆島の醤油製造400年の伝統を生かした“醤油製品”、醤油をベースとした“つゆ・たれ・ドレッシングなどの調味料”、それら醤油や調味料を詰め合せた“ギフト製品”の3つの製品グループになります。それぞれのグループにおける商品の種類は、消費者皆様のニーズの多様化で、年々増え、現在では、数百種類にもおよんでいます。
また、商品の形や大きさも多種多様です。お弁当やお惣菜等に付いている小さな小袋製品から、瓶やペットボトルなどの製品はもちろん、大きなタンクに入った大容量製品も製造しています。
さらに、お客様からのご提案,ご要望にお応えし、お客様独自のプライベートブランド商品(PB商品)も製造しています。

タケサンで作られている商品ラインアップ
タケサンのこだわり

タケサンを代表する商品は、贈答用商品などで最も評価されている天然醸造杉桶仕込みの丸大豆醤油である『生搾醤油』です。この醤油は、温和な気候と風土に恵まれた小豆島の醤油蔵に在る杉桶で、四季を通じてじっくりと醸造したもろみを、そのまま搾ったこだわりの醤油です。皆様のご支持を得まして売上も順調に推移しております。
一方、この醤油製造400年の伝統と技を受け継いだ、こだわりの「つゆ」「たれ」などの調味料の製造も種類・数量共に年々増加傾向にあります。これには、開発・製造・品質管理が一体となり、包装機や充填機など近代的なコンピュータ機械設備を十二分に活用し、安全で安心な商品製造に全力を投じております。

もろみ蔵看板

醤油品質検査

今後も、食生活の多様化、消費者皆様の食へのこだわりを常に意識し、お客様の立場で考え、お客様のニーズを先取りした個性豊かな商品づくりを目指し、従業員全員が一丸となり、日々の業務に邁進いたします。美味しさを求める心を決して忘れず、心のこもった、美味しい食品を皆様にご提供し、これからの日本の食文化の発展向上に貢献していきます。
▲このページのTOPへ
Copyright(c) タケサン株式会社 All Rights Reserved.
お問い合わせ タケサン株式会社